自家製資材いろいろ



@米のとぎ汁発酵液肥

<用意するもの>

 ペットボトル
 米のとぎ汁 2リットル
 黒砂糖10グラム
 食酢 10グラム
 酒   10グラム
 天然塩 少々

材料を全部容器に入れて混ぜ、3〜4昼夜放置(発酵)させると
よく酢酸菌が増殖した発酵液肥ができる
3倍程度と濃いものを葉裏にかかるように散布すると
病害虫防除効果がある
(注)バラに葉面散布すると葉が傷むのでわたしは土壌潅水している

さらに殺菌殺虫力をアップさせるためには
にんにくと乾燥唐辛子を酒と一緒にミキサーにかけ絞ったものを
一緒に入れて発酵させる
その時の分量は
米のとぎ汁20リットルに対して
にんにく一片、唐辛子5本、酒10cc

この液肥を薄めて
粉石けんか台所洗剤を500〜1000倍に溶かして散布すると
殺虫効果が高まるとのこと

「米のとぎ汁発酵液肥を作る」はこちら



A天恵緑汁

日の出前に植物の成長点を黒砂糖で1週間つけると
発酵と浸透圧により液が出てきます
この液が植物の活性剤になる
(韓国の自然農薬の知恵から)

使用する植物は
ローズマリー、よもぎ、きゅうり等の新芽

「よもぎの天恵緑汁を作る」はこちら


Bにんじん酵素土コウジ


にんじんの頭の部分を活用した土壌活性化資材

<用意するもの>

 お米     1カップ
 大麦     1カップ
 大豆     1カップ
 にんじん   大2本
 砂糖     70グラム
 塩       60グラム
 小麦粉    60グラム


「にんじん酵素土こうじ」の作り方はこちら


C乳酸菌液肥

米のとぎ汁に対して牛乳の割合で混ぜたものを
ペットボトルに入れて室温放置すると
乳酸菌の働きでヨーグルト状の固体と半透明の液体に分離する
液体は液肥になる


D納豆液肥


米のとぎ汁に黒砂糖と天然塩を入れ沸騰させた後
納豆を5粒入れて24時間放置すると
アルカリ性のアミノ酸入りの肥料になる


E魚のアミノ酸

魚のアラに同量の黒砂糖を混ぜておくと水が出てくる
そのままおいて7日〜10日で出来上がり





<TOPへもどる


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO