ブルーガーデン

青や紫の花を中心にしたお庭



2004年 11月29日

秋も終わりに近づき
そろそろお庭も寂しくなってきました




そんな中
クレマチス”ジャックマニースパーバ”が
看板上を華やかに飾っています



初めの花が咲いたのが10日
ひとつの花が2週間ももち
29日現在でもまだ蕾があります

ジャックマニースパーバは
うちにあるクレマチスの中で最も病気に強く生育旺盛
全くの手間いらずでたくさんの花を咲かせるすぐれもの





看板下に茂っていたコムラサキは
すでにリースになりました

だんだん寂しくなる花壇にはビオラを植えてちょっと彩りをプラス






ウインターコスモス(左)は勢い盛ん
一方、ランタナ(右)は
寒くなってきたのでそろそろ室内に入れた方が良いかも




このたび
東側部分をリニューアルしてみました



ライラックはこれまで鉢植えになっていた小型種で
ちょっと盆栽のような樹形になっています

シノグロッサムとシレネは頂いた種で苗を作りました
忘れな草とノースポールは毎年こぼれ種で勝手に生えてきます

一応季節によって咲く花がリレーされるように植栽してみましたが
実際にお花が咲いたらどのようになるのかはその時のお楽しみ




今年の異常気象はあちこちに春の花を咲かせています
ドイツトウヒの下には野生種のスミレが咲いていました





SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO