薔薇の咲く庭 2006年ハイライト




************************************

雨の多い5月でした
強風、低温とバラには厳しい状況ながら
どのバラも精一杯の美しさを表現しています
今年もそんな健気なバラたちの様子を
たくさん写真におさめました

************************************

バラシーズンの幕開けは
定番の黄モッコウバラから




早咲きのマダム・アルフレッド・キャリエールは
昨年よりもぐっと大きくなりました



キャリエールは雨でうなだれる姿も美しいバラです
一緒に咲いているのはペネロープ

 

昨年長く伸びたシュートは
自転車置き場の屋根にも誘引





表側ではアーチにおさまりきらない枝を
更にフェンスにも誘引しています



フェンスで咲いているのは
クレマチス”ベル・オブ・ウォッキング”と”ギリアン・ブレイズ”

 


階段には鉢バラを並べています



ここで咲いているバラたちは・・・

グルス・アン・アーヘン メアリー・マグダレン アンブリッジローズ
ブルームーン カーディナル・ド・リシュリュー ラプソディ・イン・ブルー
マチルダ メイデンズブラッシュ ローゼンドルフ・シュパリスホープ
プレイボーイ グラハムトーマス ゴールデンウイングス



キャリエールの次にフェンスで咲くのは
ヘリテージとバレリーナ

 


その頃には
壁面のアイスバーグがこぼれんばかりに咲いています

 

そして
アイスバーグの盛りの頃には
隣のファイルフェンブラウが開花しはじめ



こうしてバラのリレーは
次々バトンが渡されていきます

 

また
時を同じくしてピンクガーデンでは
ピンクのバラたちが華やかに共演



ツルバラの裕、メニー・ハッピー・リターンズ、ストロベリー・アイス




そして
クライマックスは
エントランスのニュードーン





階段で咲いているバラたちは・・・

ピエール・ド・ロンサール ブルーバユー 薄墨
ブラックティ ジュリア 名前不詳の赤バラ


道路側から見た様子



フェンスでひっそりと咲く”のぞみ”



壁面におさまりきらないニュードーンの枝は
クロガネモチの木を経由して
ツルバラ裕のオベリスクに誘引




遅咲きのバラ
レッドカスケードとホワイト・ドロシー・パーキンズが咲いたところで
今年のバラリレーもそろそろゴールです




看板上のクレマチスが咲きはじめました



そしてお庭は
緑と草花におおわれた夏の庭へと
移り変わっていくのです


**********************


今年もたくさんの方々が
バラを見に訪れてくださいました
”バラの咲く教会”
そんな嬉しい呼び名もいただき
バラ栽培5年目にして
夢が現実となりつつある喜びを感じています

さあ、来年はどうしましょう
懲りないロザリアンは
今から来春の計画を思案中。。。






<TOPへもどる




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO