ブルーヘブン





ブルーグレーの花は
他に例を見ない色合いで
夕刻になると更にブルーっぽく見えるので神秘的
それでも
この色合いは咲きかけの時までで
半日ほどで完全に開くと
ほとんど白くなります






株は小さめで
ミニバラがちょっと大きくなった程度
枝も細くて頼りなげです




2004年春の記録

剪定時の
株の高さ
剪定時の
枝数
開花時の
株の高さ×幅
春に伸びた
枝数
春に伸びた
枝の長さ
一番花の
蕾の数
シュート
の本数
9cm 3本 25×27cm 9本 20cm 12個 -


春先にはウドンコ病がひどくて心配しましたが
砂糖水+洗剤スプレーで対処するうちに落ち着きました
その次は黒点病
すでに葉っぱは下から徐々に感染・・・
このての改良種は非常に弱いので
育てるのもかなり気を使いますね


**********************************************************


はじめからずっと頼りなげな株ではありましたが
どうしてもお花見たさで咲かせてしまうため
結局、この年の秋の花を最後に枯れてしまいました

後に聞いた話によると
こういう最近のブルー系のバラは生長が遅く
まずは株を育てることに重点をおく必要があるそうです
その際、肥料は少なめにし
土も赤玉土単体で育てるのがよいとのこと
一般的にバラにとって良い土とされている肥えた土は
この手のバラの初期には不向きなのだそうです


**********************************************************


2003年の画像より



 





SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO